人生を豊かにする方法

パナソニックのホームベーカリー(SD-MT3)でごはんパンを焼く!

ご飯パン

本日は、

パナソニックのホームベカリー【SD-MT3】で作った、ごはんパンをご紹介します。

米粉でパンを作れるホームベーカリーはあるけれど、炊いたご飯をそのまま入れて作るホームベカリーって結構珍しいのではないかと思います。

興味本位で焼いたごはんパン。

これが案外イケる!

以来、我が家では、小麦粉があるにも関わらず、あえてご飯でパンを焼くときもあるくらい定番化してしいました。

今日は、そんな美味しくて・簡単に焼けるごはんパンの作り方をご紹介したいと思います。

ごはんパンの作り方

作り方はすごく簡単です。

ホームベカリーに材料を入れてスタートボタンを押すだけ。

特段、難しいことはありません。

参考に、付属説明書のごはんパンの作り方を載せておきましょう。

ごはんパンの材料

基本的な材料は、説明書どおりに用意します。

強力粉:210g

冷めたごはん(白米):100~200g

バター:10g

砂糖:17g

スキムミルク:6g

塩:5g

水:130ml

ドライイースト:2.1g

※注意

ごはんパンといっても、100%ご飯で作れる訳ではないのであしからず。

また、ご飯の量で高さ・食感が変わってきます。

ご飯の量が多ければ多いほど、モチモチっとしたパンに仕上がりますので、ご飯の量は決められた範囲内で、好みに合わせ用意します。

強力粉について

いままでの記事にも書いてあるように、我が家では全粒粉を使用しています。

なぜ全粒粉を使うのか?

全粒粉で焼いた簡単パンの感想

などを、別の記事で書いてますので、ご参考にしていただければ幸いです。

 

➡パナソニックのホームベーカリー(SD-MT3)で全粒粉のパンを焼く!


 

冷めたご飯

我が家では、まとめて炊いて冷凍したご飯を使用しています。

パンを焼く都度、直前に解凍します。

説明書の注意書きにもあるように、炊飯後または解凍後、1日以上経ったご飯は使わないようにしましょう。

(使うとどうなるか気になる方は、自己責任で試してみてください。)

今回は、200gを用意しました。

米は玄米でもOKです!

バター

無塩でも、塩ありでもどちらでも問題ありません。

ちなみに我が家では、無塩を使用しています。


 

 

最近【ぬちまーす】という沖縄の塩を手に入れました。

海のミネラルをたっぷり含んだ、上等な塩です。


 

ドライイースト

我が家はいつも赤サフです。

甘いパンでない限りは、こちらが良いと思います。


 

ごはんパンの作成

材料が揃ったらごはんパンの作成に入りましょう!

1.パン羽根のセッティング

ホームベカリーのセッティングで、絶対に忘れてはいけないのは、パン羽根の取り付けです。

パンケースの底にしっかりと取り付けます。

これを忘れると、材料が混ざらず悲惨な結果になります。

2.材料の投入

続いて材料をパンケースに投入します。

ホームベーカリーを導入した初期は、材料を一つずつ測り、別々の器に入れて準備していたのでが、使い慣れた最近は、

計りの上に直接パンケースを置き、この中に材料を直接入れてしまっています。

こうすると、後片付けも少なくなり効率的です。

まずは、強力粉を入れます。

つづいて、バター・砂糖・塩・スキムミルク・水を投入します(順不同)。

最後に、解凍したご飯を入れると、パンケースは以下のような感じになります。

最後に、ドライイーストを専用のイースト受けに入れてセッティングは終了です。

後は、ホームベーカリーの焼きパターンをごはんパンにセッティングしてスタートを押すだけ。

我が家ではいつも、寝る前にセッティングし翌朝焼けるように予約を入れて寝ます。

これで翌朝は、美味しいパンの焼ける香りで目覚められること間違いなし!

ごはんぱんの感想

焼き上がり

翌朝、ピーッ、ピーッとホームベーカリーの音が鳴ったら焼き上がりです。

蓋を開けると・・・

キレイにふっくらと焼き上がっております。

取り出して、2分ほど冷ましたら完成です。

見た目は、普通のパンと何ら変わりはありません。

ただ、いつものパンより、ずっしり重め。

実食

いざ食べてみると、まず第一に甘い!

いつも食べている強力粉100%のパンと、使っている砂糖の量は同じなのに。

ご飯の甘味がかなり出ている感じでした。

そして、食感はモっチモチ。

いつものパンが、ふっくら・さっぱり焼けるのに対して、

ごはんぱんは、ずっしり・もちもちに焼けてました。

この辺の質感は、ご飯の量で調節できるので、自分のベストな配分を見つけましょう。

ちなみに、これは説明書にも注意書きされていますが、

パンの耳側に、混ざりきらずに固まったご飯つぶが、何粒か残ることがあります。

おこげのような食感で、私は嫌いではありませんが、何も知らずに勢いよく食べると、ガリっとくるので、気を付けしましょう。

感想

甘くてモチモチしたごはんパンは、かなり美味しいです。

ご飯でパンを焼くという事に対して、だいぶ認識が変わりました。

しかしながら、毎日これがいいかと言われると、私はふんわりパンが好きなので、う~んって感じ。

でも、このモチモチ感が忘れられずに、たまにご飯を入れてしまう。

そんな、美味しい記憶を焼き付けてくれる素敵なパンでした。


ホームベーカリーの導入を検討しているあなたへ

パナソニックのSD-MT3は現時点で1台3万円~4万円します。

正直、口コミやブログだけで、導入を決めるのは心もとないですよね。

そこで、私は、導入前に、DMM.COMの【いろいろレンタル】というサービスを利用して、本機の2世代前の実機を使って焼き具合等を試してみました。

導入をご検討の方は、後悔しないためにも、ぜひ機材をレンタルして試食してみることをおススメします。

 

DMM.COMの【いろいろレンタル】を利用してみた感想も、別の記事でまとめていますので、ご参考にしてみてください。

➡パナソニックのホームベーカリーをDMMでレンタルしてみた!